暮らしに動画を活用!

動きの激しい動画は慎重に

動きの激しい動画は慎重に

様々な動画を見ることもあると思いますが、その中でも迫力を感じるのは動きの激しい動画だと思います。こうした動画を作りたいと思う方も多く、自分もこのクオリティが出来るまで頑張ろうと初めは考えるのです。しかしあらゆる問題に直面して投げてしまうこともあるため、出来る限り失敗しないための努力をしなければなりません。
一番の問題はカクカクする可能性があることです。動きの激しい動画はそれだけパソコンのスペックを要するものですから、作った動画が上手く再生されないという問題を抱えやすいです。勿論修正することで対処することは可能ですが、今度は容量が大きすぎてアップロードできない可能性もあります。実は動きの激しい部分というのは容量が大きくなりがちで、動画配信サイトにアップロードする倍は相当苦労する問題なのです。
対処する方法として、なるべく容量を削るような形で作るのがポイントです。画質を落とすということもその1つであり、ビットレートを低く設定して少しでも動画の容量を削ります。アップロードできる動画というのは限られていますから、その限界値まで削って行けばいいと思います。最終的にアップロードできる動画が出来た時には、割と動きを残しつついい物に仕上がっているはずです。